文 化 財

 
 

Q120 現在の社員寮は埋蔵文化財埋蔵地の直上に建っているが、武田はそれを解体する計画である。また、旧工場の直下に二次的埋蔵物が混在することも明白である。
埋蔵文化財埋蔵地の直上での工事がないと偽って文化財をアセスメント評価項目から外し、前非を悔いずに再び十二天遺跡を踏みにじるのは脱法行為も甚だしい。
埋蔵文化財調査は土壌汚染調査と共に実施さるべきであり、アセスメントのやり直しを求める。


Q121 石器ならともかく、土器の類は真上の建物を取り壊す程度でも、取り返しのつかないダメージを受ける。
50年前、旧工場建設時に一旦動かしてしまった二次埋蔵物について、武田は、遺跡を破壊したときの状態が「よく分らない」と言っているが、無責任も甚だしい。
遺跡のこれ以上の破壊は許せないが、一方、このような無責任な企業体質では、住民の健康や安全を将来にわたって保障するものとはならない、と危惧される。
この地の貴重な文化財について、どのような見解を持っているのか?